« 東高尾山稜~南高尾山稜 | トップページ | ある日のおにいちゃんとちびちょん »

2010年5月 9日 (日)

八王子八峰登山大会

八王子八峰登山大会に参加してきました。
初参加でしたが、なんとか制限時間までにゴールすることができました。
踏破証と記念品

Img_2280 06:30
JR八王子駅から、黄色い「八峰登山大会」ののぼりを目印に京王八王子駅のバス乗り場に向かいます。
Img_2282 京王八王子駅のバス乗り場では、既に大会参加者が列になってバスを待っていて、すぐ来た路線バスには乗れませんでした。
6:50の臨時バスでスタート地点の今熊に向かいましたが、座れたので、かえって良かったかな。
Img_2284 07:20
うとうとしている間に、今熊に到着。受付で名簿がチェックされ、カードにスタンプが押され、大会参加者の目印のカラータオルが渡されます。
タオルとスタンプカード 今回参加した健脚コースのタオルはブルーです。和田峠までを歩く中級コースはピンクのタオルでした。
Img_2285 まずは腹ごしらえ。
07:30
天気は快晴。のぼりの並んだ秋川街道を、今熊神社に向けて列になって歩きます。今回、会社の山の会から私を含めて5人が健脚コースに参加していますが、各自のペースで時間内踏破を目指すので、この時点では一人きりです。
Img_2287 トンネルの手前で左側の川沿いの道に入り…
Img_2288 満開の藤をながめながらゆっくり歩いて
7:50今熊神社とうちゃーく
Img_2290 08:09
トイレ待ちの行列で時間をとられ、やっと今熊神社しゅっぱーつ
Img_2291 まずは、石段…
Img_2292 10分ちょっとで、見晴らしの良いところに。
五日市あたりかな?
Img_2293 けっこう登ります。
このあたりではどんどん追い抜かれていますが、マイペース・マイペース。
Img_2294 08:29
最初のチェックポイント今熊山です。
Img_2295 今熊山頂は右へ100mほどですが、初参加なので体力を温存して左の大会コースをそのまま進みます。
Img_2296 ずっと樹林の中で、日差しがさえぎられて歩きやすい道です。ツツジやチゴユリが咲いています。
Img_2297 何回かアップダウンを繰り返して…
Img_2298 09:10
刈寄山のチェックポイントです。
早々と、エネルギー補充!
Img_2300 刈寄山山頂もパスします。少し下って盆掘林道に出、階段を上って再び山道に。
Img_2301 たまに抜いたり抜かれたりしますが、だいたい列のまま登ったり下ったり…
Img_2302e 09:40
トッキリ場(鳥切場)。
このあたりから市道山あたりまでアップダウンが続くようです。
Img_2303 またエネルギー補給
Img_2304 9:45
市道山まで3.2kmを確認し、出発。
Img_2305 樹林の中を5分も歩くと…
Img_2308 09:51
北側の視界が開けて、大岳山が見えます。
Img_2309 樹林の間をさらに登って…
Img_2310 10:19
またまた、エネルギー補給。だいたい、30分間隔ですねー
Img_2318 中身はこんな感じ。レモンの皮の砂糖漬けで、甘酸っぱ苦くて、口の中がさっぱりします。
Img_2312 今回、5/3の東高尾山稜・南高尾山稜に続きハイドレーションシステムを使用。5/3はチューブに折り癖がついていて、桂文珍のマックシェイク(古っつ!)みたいな状態で、思うように水分補給できませんでしたが、今回は折り癖部分を補強したので快調!
Img_2313 10:53
伐採地の横に出ます。
伐採地の端っこを歩いて…
市道山の分岐です。チェックポイントの市道山は、あと100mです。
11:17
市道山山頂とうちゃーく。
混んでて休憩する場所もないので(転げ落ちそう…)、さっさと分岐まで戻り、歩き続けます。
11:43
水分不足なのか、カロリーメイトは少し食べにくい…
広葉樹の間はこの季節、明るくて特に気持ちがいいですねー
【ヤブレガサ】
12:37
醍醐丸のチェックポイントです。
スタッフの方の話だと、苦しいのはここまでだとか。
【スミレの仲間】
「白いスミレがあるよ」と教えてくれた人がいたのですが、数m登り返す元気がありませんでした。
13:05
和田峠だぁ~
氷水のサービスがうれし~
きゅーっと飲み干し、すぐにお代わり。それも飲み干し…
この氷水は、3杯目。
今日のおにぎりは、塩分補給と食中毒対策で2個目も梅干です。
さらに、種を抜いた梅干(実家で漬けたものです)も持ってきました。
13:17
さ~て、陣馬山への階段登りです(T_T)
と、泣き言を言っていますが高度はどんどん稼げるので…
※和田峠の到着制限時間は13:30。この時点では気づいていませんでしたが、あまり余裕なかったんですねー
13:35
20分足らずで陣馬山の馬のお尻が見えるところに到着です。
山頂のチェックポイントに向かう前に、自分へのごほうびにアイスクリーム食べました。
こめかみ痛ー (T_T)
13:50
やっと陣馬山山頂です。
ここで山の会のメンバー3人と合流できました。
遠くに大岳山が望めます。
さて、まだ先は長いんだからしゅっぱーつ。
Img_2336_2 14:23
明王峠
【クサイチゴ?】
15:18
毎年1月、山の会が餅つき山行で訪れる景信山です。ここで、山の会の残る一人とも合流。ここからは5人揃ってゴールを目指します。
※ここの制限時間は16:00なので、少し余裕ができました。
【樹齢約100年のヤマザクラ】
注連縄が巻かれ、お神酒が備えてあります。何回も来てるのに、気づかなかったなー
15:59
小仏峠の狸
※小仏峠の制限時間は16:30
景信山でのんびりしたので、余裕が少し減ってます。
16:15
小仏城山とうちゃーく

※制限時間は17:00なので、また少し余裕ができました。
若葉が赤くなる緋紅葉ですが、桜と一緒だと変な感じです。
16:44
余裕こいてまったりしていたら、こんな時間。目指す高尾山は、あんな先です。
【イカリソウ】
一丁平の北側で撮影。5/3に通ったときはもっといっぱい咲いていたのに。あのとき撮っとけばよかった。
【ミツバウツギ】
【シャガ  射干、著莪 】
下山中、1号路の舗装道路脇には、もっといっぱい咲いていました。
【ツツジ】
花は小ぶりだけど、鮮やかな赤でした。
5/3に道を間違えたのに気づいた指導標のところに、またやって来ました。
17:06
もみじ台への階段。疲れてカメラが傾いています。
左側の巻き道の誘惑が…
17:18
もみじ台の茶屋はもうしまっていました。今回はチョコモナカは無しです(T_T)
17:19
最後の登り、高尾山山頂への階段にとうちゃーく。相変わらず、カメラ斜めってます。
17:29
高尾山山頂きたー!!!
って、割には、閑散としてますが…
突然ですが、モミジは赤い花が咲いていて、きれいです。
17:43
高尾山の本堂です。奥の院はもう閉まっていました。
天狗の像の前の賽銭「蛸」
下の方の突起が蛸の足で8本ある…かと思ったら、6本でしたねー。足じゃなかったみたいですねー
蛸杉の横に「ひっぱり蛸」
高尾山と蛸って、何の関係が?
※高尾山口駅に、この「ひっぱり蛸」と広末涼子が一緒に写ったポスターがありましたが、シュールですねー
このポスター5月いっぱいで6月は絵柄が変わるようなので、見たい方はお早めに。
まだ、かすみ台です。
ここから、ケーブルカーの誘惑に耐え、ひたすら舗装道路の1号路を下ります。写真撮る元気…ありません。
18:30
いきなりですが、ゴオォォール
スタンプシートのGOALににスタンプ押してもらい…
踏破証と、記念品(今年は3色ボールペン)とペットボトルの水をもらい…
ホットコーヒーをもらって、お代わりもして、無事、にゃんこたちの待つ家に帰り着いたざぶたねこでした。

|
|

« 東高尾山稜~南高尾山稜 | トップページ | ある日のおにいちゃんとちびちょん »

コメント

tripgoodさんの野辺山ウルトラ2010【http://tripgood.jugem.jp/?eid=206#sequel】に比べればかわいいものですが、自分なりにがんばりました!
トレイルラン風の参加者もちらほら見かけましたので、tripgoodさんもぜひ、一度。
次回第23回は、平成23年5月22日(日)の予定だそうです。【http://www.city.hachioji.tokyo.jp/kyoiku/sports/gyojitaikai/002697.html】

投稿: zabutaneko | 2010年5月25日 (火) 12:35

健脚コースのロングな歩き御苦労様でした~♪まだまだ足元の花も盛りでいろいろ楽しめるみたいで楽しそうですねー(ひっぱりだこもなかなか気になります...笑)。
ちょっと混雑しているのは大変そうですが、五日市側から高尾山に抜けるコースはとっても魅力的。。。今度走りに行ってみよーかな(笑)

八王子八峰は、秩父七峰縦走とあわせて前々からちょっと気になってるので、自分もいつか出たいところですねー(スタンプラリーみたいなの好きなので...(^^; )。

投稿: tripgood | 2010年5月24日 (月) 00:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177127/48327825

この記事へのトラックバック一覧です: 八王子八峰登山大会:

« 東高尾山稜~南高尾山稜 | トップページ | ある日のおにいちゃんとちびちょん »